頭皮のかゆみにスカルプケア!

頭皮のかゆみにスカルプケア!

頭皮のかゆみの原因はいくつかありますが、最も多いのが皮脂によるものです。皮脂が毛穴に詰まっていると頭皮はかゆみを感じますし、皮脂を餌にして雑菌が繁殖し、その雑菌が頭皮を刺激している場合でもやはりその刺激はかゆみとして認識されるものです。

 

したがってこの場合は皮脂をしっかりと洗い落とすことが重要になります。多くのスカルプケア用品は皮脂をしっかりと分解することを売りにしていますので、そういったシャンプーなどを選択するといいでしょう。

 

しかし大きな問題として、頭皮の痒みは全く逆の原因によっても発生するということがあります。つまり、皮脂が不足するなどの原因で頭皮が乾燥することによってかゆみを感じることもあり、全く逆の対策が必要になるのです。

 

この場合、前述の皮脂分解能力が高いスカルプケアシャンプーなどは完全に逆効果で、洗浄力がマイルドで保湿がしっかり行えるヘアケア用品を用いなければなりません。自分の頭皮にあったヘアケア用品を選ぶということは非常に重要なのです。

 

頭皮の皮脂分泌量はその人の生涯を通じて一定と言う訳ではありません。20代をピークに、加齢によってどんどん皮脂分泌量は低下します。

 

そのため年齢に応じてヘアケア用品を変えていく必要があります。「若い頃に使っていたシャンプーを中年期以降も使い続け、かゆみが取れないからさらに強く洗うようにしたら症状が悪化し、原因は皮脂の取り過ぎだった」などという例は非常に多いものです。自分の頭皮を注意深く観察しながら、年齢に合った適切なケアを行うよう心がけたいものです。