mokumokuto

mokumokuto

mokumokutoは、植物生まれのハーブトリートメントです。髪にハリやコシを与えて、髪をイキイキと蘇らせてくれるので、安心成分で髪を染めたいという人に人気です。

 

ケミカルヘナのように一時間程度で髪が染まり、色持ちがよいのも特徴です。開発当初には様々な問題をクリアする必要が出てきて、発色や毛染め後のダメージなどを順に解決して出来たのが、mokumokutoです。

 

結局、完成するまでには、6年の歳月がかかりました。そのぶん、クオリティの高い白髪染めが出来たというのが会社の自慢でもあります。

 

医薬部外品原料基準に含まれる人体にリスクがあるとされる原料は、mokumokutoには使用されていません。そのような原料は、化粧品として届け出るには安全面で問題があるとされているのです。

 

医薬部外品だからといって、安心してはいけませんよ。mokumokutoに使われている植物染料は、空気に触れて酸化が進むことで発色します。専用水のトリートメントローションで染色がさらに進むので、二度染めせずとも染色できるのです。

 

また、化学薬品から作られる染毛剤の中でも心配とされる、ジアミン系は使っていません。強いアレルギー反応を起こして、かゆみやかぶれ、粘膜障害、呼吸困難などの症状を引き起こす可能性があるからです。

 

mokumokutoでは、髪のコーティングはローソニア皮膜で行います。油脂成分や水分など、髪をなめらかにする成分は含まず、コラーゲンの力できしみ感を解消しています。

 

mokumokutoに配合された天然成分は、ヘナ、ウコン、ラベンダー、ビャクダン、ダイズなど、17種類。カラーバリエーションは6色ありますから、安心の成分で好みの色を選べます。